外食業界に大異変…これからもう「食べられなくなる飲食店」がわかった!

大戸屋は大丈夫…なのか?
鈴木 貴博 プロフィール

3つのパターン

このニューコークがなぜ失敗したのか?マーケティング調査では「どのコーラがおいしいのか?」について比較調査を重ねていたのですが、経営陣は「今までのコーラが飲めなくなってもいいか?」という質問が必要なことをまったく想定していなかったのです。

ニューコーク発売後に「今までのコカ・コーラを飲ませろ!」という消費者の運動が全米を揺るがし、コカ・コーラは元の味に戻り、そして驚くべきことにその消費者運動をきっかけにペプシから市場シェアトップを奪い返したのです。

さてこのニューコークのストーリーはマーケティング調査の有名な失敗談ですが、最後の最後で「消費者はそれをまた味わうことができるようになった」というハッピーエンドになる話でもあります。

コーラとペプシ photo/gettyimages
 

しかし、多くの店が閉店でなくなってしまう新型コロナの新しい現実はハッピーエンドにはなりえません。

これから増加すると予測される「もう食べることができなくなる飲食店」のケースを具体的に3つのパターンで説明したいと思います。

ひとつめは近所のお店が閉店するケースです。