photo by Gettyimages

2025年の崖…日本の基幹コンピュータシステムが制御できなくなる日

ブラックボックス化で年間損失12兆円

経済産業省が2019年9月に公表した「DXレポート ~ITシステム『2025年の崖』克服とDXの本格的な展開~」は、積極的なデジタル化の促進というよりは、レガシーシステムがブラックボックス化している危険を指摘している。

金融機関ではレガシーシステムが残っている場合が多く、みずほの大規模システム障害のような問題がすでに起きている。みずほの場合には、縦割り組織と経営者の無理解が問題を悪化させた。

「2025年の崖」とは

日本でDXという言葉がよく使われるようになったのは、この経済産業省の『DXレポート」による。

ただし、世間で「DX」が使われる意味と、このレポートの内容は、かなり食い違っている。

多くの人が「DXを進める」と言うときに意味するのは、「デジタル化を進めて新しいビジネスを展開する」というようなことだ。ところが、このレポートの内容は、このような意味での積極的な「デジタル化」いうよりは、副題にある「2025年の崖」を中心としている。

既存の基幹システム(レガシーシステム)の老朽化や複雑化とブラックボックス化が進み、「2025年以降、最大で年間12兆円の経済損失が生じる可能性がある」と警鐘を鳴らしているのだ。

経済産業省「DXレポート」より

DXレポートでは、つぎのような問題を指摘している。している

・2025年には、21年以上稼働しているレガシーシステムがシステム全体の6割を占める。そして、IT予算の9割が保守に費やされてしまう。
・2015年時点ですでに17万人も不足していたIT人材のほとんどが、今後はレガシーシステムの保守に取られてしまい、新しい技術を担う人材がまったく足りなくなってしまう。
・2025年までに予想されるIT人材の引退やサポート終了などによって、リスクが高まる。
・国際競争への遅れや経済の停滞が起きる。

つまり、ここで問題にされているのは、「未来に向かってデジタル化を進めて行く」というようなことでなく、「日本のシステムがすでに抱えている深刻な問題にどう対処するか」ということだ。

 

もちろんこれは、「2025年の崖が深刻でない」というのではない。それは、未来に向かう前に、是非とも解決して置かなければならない深刻な問題だ。

「デジタル化」と囃す前に、日本のITシステムが深刻な問題を抱えていることを知らなければならない。