「最後は活躍したいですよね」

――児嶋さんにとって福澤組は2014年の『ルーズヴェルト・ゲーム』以来の参加となりました。

「ルーズヴェルト・ゲーム」で唐沢寿明さんと向かい合った時も、同じことを僕やっているんです。セリフはそんなにないのにポーンと飛んじゃって。圧というかオーラというかで。

それを経て「なるほど、こうなっちゃうことがあるんだな」って自分でわかり、その後、他にもいろんなドラマを経験させてもらった際に、そうならないようにと意識していました。だから今回まではなかったんですけど、ここに来て、また…。結局そういうことなんですね、福澤組の圧ですかね(笑)。

ヤバイヤバイヤバイって状況になるのが『ルーズヴェルト』以来だから…なんですかね、このプレッシャーというか緊張感は、急に来るんです…。

写真提供/TBS

――最後に視聴者のみなさんへメッセージをお願いします。

最後は活躍したいですよね。何もないことはない。僕の意味深な“ぬき”とかあったから、あれで何もなかったら…それはそれで面白いな(笑)。「何もないんかい!」みたいな。

だからどう転んでもいいフリはできてるんじゃないですかね。何もないでもいいし、「大活躍したな」「いいヤツだったな」「悪いヤツだったな」、でもいいし。その辺もちょっと楽しみにしていただきたいですね。

第9話のワンシーンを先行公開。この表情が意味するものとは…? 写真提供/TBS

――笠松茂樹役の児嶋一哉さんに伺いました。ありがとうございました!