「ウワッ、ここに出るの」

――児嶋さんはドラマ第5話からの参加となりました。5話までのオンエアは「視聴者」としてご覧になったわけですが、感想はいかがでしたか。

やっぱり面白い。けれども、今までは「すごいドラマだな、すごい迫力だな」と素直に楽しめたけど、今回は自分が出ると思って見ると、純粋に楽しめないですね…。

「ここに出られるの?」って喜びもあるけど、「ウワッ、ここに出るの」って感じも。後輩の東京03角田(三木重行役)も出ていたりして、「頑張ってるな、緊張しないのかな、NG出してないかな」とかそういう目線になっちゃいます。

4話の次回予告で、自分が出て来た時は感動しました。

写真提供/TBS

――児嶋さんが演じるのは、国土交通大臣・白井亜希子の秘書である笠松茂樹。どのような人物なのでしょうか。

原作には登場しない人物だったので撮影に入ったころは、いいヤツなのか悪いヤツなのか、細かいことはわかりませんでした。だから、どうとでも取れる顔をするしかないじゃないですか。かといって目立たないように、なおかつ深読みもできるような顔をするしかない…。

とりあえず自分なりに、こうだろうなという感じで、なんとなくチューニングしてやってみました。もし違ったら監督も言ってくれるだろうし。そんな感じだったんですよね(笑)。だから特殊ですよ。

イメージした人はいない。なんとなく、あんまりいいヤツじゃない感じなのかなと自分では最初思っていたけど。あれ? どうも違うなとか。これでいいのか? と思いながら、とりあえず真剣な顔をしておきました。実は手探りですけど、探っているとは見せないようにそれっぽくね。