いよいよクライマックスへ!

佳境に近づきつつあるドラマ『半沢直樹』(TBS日曜劇場/夜9時~)。13日に放送された第8話の視聴率は25.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録し、同ドラマ最高値を更新した。同時に、令和におけるドラマ視聴率1位の記録も塗り替えたことになる。物語も終盤を迎え、演者も視聴者も熱が入っているのがうかがえる。

物語の舞台は航空業界。出向先の東京セントラル証券から、東京中央銀行本店営業第二部へと返り咲いた半沢だが、苦難は尽きることがない。破綻寸前の帝国航空の再建を任され、バンカーたちの意地とプライドをかけた闘いが展開している。

巨大する利権をめぐり、半沢の前には政治家や行内の敵対勢力が立ちはだかる。そのなかでも、終盤のキーマンと注目されているのが、国土交通大臣・白井亜希子の秘書、笠松茂樹である。

いまだ謎に包まれたところも多い笠松。本記事では、笠松を演じる児嶋一哉さんへのインタビューをお届けする。いったいどのような暗躍が見られるのだろうか――。

写真提供/TBS
児嶋一哉(こじま・かずや)1972年7月16日生まれ。東京都出身。人力舎のお笑い養成学校「スクールJCA」の1期生。俳優としても活躍し、最新出演映画『劇場版 仮面ライダーゼロワン』が12月に公開予定。日本プロ麻雀協会第3期プロ試験合格の「プロ雀士」でもある。

絶対に親孝行になるな、と思った

――芸人としてだけではなく、近年は俳優としても活躍されている児嶋さん。満を持してのドラマ『半沢直樹』へのオファーでしたが、どのようなお気持ちでしたか?

びっくりしました。『半沢直樹』は大好きで前作も全部見ていましたし、告知で続編があるのもわかっていたので、うれしかったです。でも、もちろんプレッシャーは感じましたし、色々な感情が沸きましたね。

ただ、絶対に親孝行になるなと。とにかくおふくろが喜ぶんですよ。バラエティーじゃ喜んでくれなくて(笑)。昔の人なので、ふざけているよりも、ドラマや映画の方が喜んでくれる。しかも『半沢直樹』ですから、これは親孝行になるなって。ただ、どれぐらいセリフあるんだろうとか、どんな役かなとか、不安と期待がありましたね。