photo by gettyimages

止まらない芸能人の「自死」「薬物」「退所」…いま芸能界に何が起きているのか?

不倫騒動をはるかに超える深刻さ

三浦さんに続き、芦名さんまでも

三浦春馬さんの訃報が伝えられた7月18日から2ヵ月弱が過ぎた9月14日、芦名星さんが自宅で亡くなっていたことがわかった。自殺とみられる。三浦さんに続き、人気俳優が自ら死を選んだことが悲しみとともに報じられている。

三浦さんは30歳で、芦名さんは36歳。経験と実績を積み重ね、スキルと信頼を手に入れる年代であり、事実2人は出演作の絶えない売れっ子俳優だった。だからこそ人々の間に「なぜ?」という感情が広がっている。

芦名星さん/photo by gettyimages
 

芸能界の激震は、人気俳優の訃報だけではない。今月8日、伊勢谷友介が大麻取締法違反で逮捕。その3日前までプライム帯の連ドラに出演していた上に、近年は東北の復興支援などの社会貢献や、高校の学長を務めるなどの健全なイメージがあっただけに衝撃は大きかった。

今年2月には槇原敬之が覚せい剤取締法違反の疑いで逮捕、昨年11月にも沢尻エリカが麻薬取締法違反で逮捕、昨年3月にもピエール瀧が麻薬取締法違反で逮捕。日本中の誰もが知るビッグネームの相次ぐ薬物逮捕は、何を意味しているのか。

さらに、もう1つ大きく報じられているのは、所属事務所からの退所ラッシュ。男性タレントの大手・ジャニーズ事務所と、女性タレントの大手・オスカープロモーションを筆頭に、前例がないほど退所者が続出しているのはなぜなのか。

今年は世間を騒がせた不倫騒動もいくつかあったが、この自死、薬物、退所は、問題の深刻さでは、はるかに上をゆく。今、芸能界で何が起きているのか。そして、コロナ禍の影響は考えられるのか。この1年あまり、芸能人本人から、芸能事務所関係者、テレビ局員と制作会社スタッフ、芸能記者から聞いたことをベースに、その実態をつづっていく。