お説教を手短に切り上げさせるコツは?

さぁ、自分でできる準備をしたらいよいよお説教中の開運行動です!

「怒り」は「木の気」のエネルギー、木の気のエネルギーを弱めるのは「火の気」の開運行動で燃やすことが大事です。

火の気の開運行動は「見せること」

思っている反応が得られないと、伝わっていないような気がして長引きます。
早めに「あなたの怒り、伝えたいことを私は理解しています!」とはっきりとパフォーマンスとして「見せて」あげるとより短時間でお説教は終わります。

Photo by iStock

怒っている人は、そもそも視野が狭くなっているので、あなたをあまり見ていませんし、興奮しているので判断があまり正常ではありません。
相手の怒りの度合いと同じくらいの熱量の「伝わっています!を伝える動きを見せる」のがポイントです。

特に「私が新入社員だった頃は。。」など「今」ではないことを引き合いに出し始めたら、もう目の前のあなたのことはあまり見ていない可能性が高いです。

そうなると飛び火してお説教は長引くので、早い段階で現実に意識を戻し、注意を理解しているあなたが目に入るようにリアクションや復唱して声を出したり、大きく頷いたり、表情をくるくる変えたり、メモをして文字にしているところなどを「見せる」ことで、「伝わっているな」を相手に気付かせて落ち着いてもらいましょう。

負けた気がしちゃうかもしれませんが、全ては「仕事をさっさと覚えさせてもらう」目的のため。

仕事を覚えたら教育係の人とは適正な距離を保てばいいので(そのときは、その時の風水テクニックがあるので! また聞いてくださいね!)、「伝わっていることを見える化」すると関係は安定してきますよ!

本来怒りって長続きしないものなので、飛び火する前に対処することを心がけましょう!

Photo by iStock

また「見える」刺激が悪いとイライラを増幅し続けることになります。
お説教を受ける環境や自分の姿にも気を配りましょう!

自分の服装が乱れていたり、空間が乱れていたりするとお説教はより長く・より感情的になる傾向があります。

部屋に多くのものがあり、閉鎖的な物置部屋などでのお説教は最悪なので、ひらけた場所や綺麗な心地いい場所を意識して選び、怒られるときの身だしなみもきちんとしてから質問をしたりしましょう!

普段から身だしなみをきちんと整えたり、空間をこまめに綺麗にしたりすることでも、怒られにくい自分を作ることに繋がりますよ! 是非、参考にしてください。