東洋思想の難しい概念をより楽しく、取り入れやすくレクチャーして、環境や体の面から人をHAPPYにしていく活動をしている開運エンターテイナー・出雲阿国さんの人気連載「風水芸人・出雲阿国の開運アクション」(月2回配信中)。

読者から寄せられた「お悩み相談」をベースに、風水的な観点から運を切り開くためのおすすめアクションを阿国さんがレクチャーする本企画。今回は、職場の先輩からのお説教に困っている、というお悩み。

仕事をしたいのに気づけばその時間よりもお説教の時間が長い、萎縮して何も言えなくなるなど、職場でのストレスを抱えすぎて、すでに体調にも症状がでてきてしまっているという相談者さん。この辛い状況を抜け出すためにできる改善ポイントを、東洋思想の知識をもとに教えていただきました。

これまでの出雲阿国さん連載はこちら

お悩み:
「職場の先輩の長〜いお説教が止まらない」

職場でですが、私の教育担当の方との関係がしんどくて……円形脱毛症にもなってます。
でもその仕事が好きで辞めたくなくて、毎回私の人間性や自分の気に入らない事があれば仕事の時間より、説教や話の時間の方が長くなります。
私の話を聞いていない態度も出てるのもありますし、私の為に言ってくれてるんだと思うのですが、その方の前だと萎縮して何も話せなくなり自分の力も発揮出来なくなります。本音すらなにも言えず……

辞めたくはないですし、その人のせいにせず自分の目標だけを見据えてとも思いますが、どうしたらいいですか?(36歳女性・美容関連・既婚)

ご相談受け止めました! ありがとうございます!
開運エンターテイナーの出雲阿国です☆

今回も東洋思想を活用しながら解決のヒントになるように、このお悩みについて我が事のつもりで真剣に考えてみたいと思います!!

Photo by iStock

職場の人間関係って選べませんもんね。
ううう!
ご相談者さんに気持ちよく「お仕事」してもらった方が会社の利益になるのに……「お説教を聞くことが仕事」みたいにしてしまっている現状!

こういう上司厄介なのですが……多分、本人は自覚ゼロです。

そんなストレスを感じる空間にずっと居続けると、自然と自分の「判断力・思考」「考える時間と体力」は奪われるのでどうしたら良いのか、分からなくなってきます。

ご相談者さんが「私も悪いんだけど。」と自分の気持ちに蓋をしてなんとか飲み込もうとしていることからも、そういう空気にされているのが想像できるなぁと思います。

「説教」と「指導」は大きく違うので、まずは今までの流れを断ち切るために「説教キャラ」からの脱却をしていきましょう!

今回は「お説教されやすいキャラ脱出プロジェクト」をお伝えしていきます!