〔PHOTO〕Gettyimages

菅新首相を突き動かす「団塊の世代」「ノン・エリート」の情念

官僚をここまで統制する理由

初の「団塊の世代」の自民党総裁

新たに首相に就任した菅義偉氏には、近年の国会議員としては珍しい「異色」の経歴が注目されている。

「非世襲議員」「農家の長男」「集団就職で上京」「様々な職業を転々」「初の法政大学OB」「市議会議員出身」「党三役未経験」等々。もっとも、集団就職で上京したとする点は一種の「作り話」だとの指摘も出されているが、秋田県出身でありながら、縁もゆかりもなかった横浜から政治家人生をスタートさせたことや、衆議院議員の初当選が47歳と比較的遅咲きだったことなどは、自民党の国会議員としての菅氏の「異色」ぶりを強調するのに十分な逸話だろう。

〔PHOTO〕Gettyimages
 

だが、菅氏のもつ重要な属性があまり話題とされない。それは、菅氏が1948年生れで「団塊の世代」が生んだ初の自民党総裁であることだ。歴代の自民党総裁のうち、もっとも若いのは1954年生れの安倍晋三で、次いで1945年生れの谷垣禎一。麻生太郎や小泉純一郎は彼らよりも年長である。つまり自民党総裁は、これまで「団塊の世代」を避けて選ばれてきたのだ。

他方、菅氏以外の自民党の国会議員では、この世代は誰がいるのだろうか。思いつくところでは、国会でのトンチンカンな答弁が目立った北村誠吾前規制改革担当相、数々の失言で更迭された桜田義孝元五輪担当相、学芸員は観光振興のガンだと放言した山本幸三元地方創生担当相、「被災地が東北でよかった」と発言して辞任に追い込まれた今村雅弘元復興相などで、いずれも閣僚時代には言動が問題視された面々である。

申し訳ないが、すでに老境に入った彼らが今後、首相候補として浮上することはないだろう。おそらく菅氏が「団塊の世代」としては最初で最後の自民党総裁となる公算が大きい。