2020.09.24
# 本 # ライフ

遺産相続の「いがみ合い」はなぜ起こる?精神科医・名越康文がズバリ答える

「遺言がなくても大丈夫」の落とし穴
名越 康文, 竹内 亮 プロフィール

きょうだいには力関係がある

竹内:遺産をどう分けるかの話し合いの過程で、もともとはそれほど不仲であったわけではない兄弟姉妹が、それを契機に激しい争いを始めることがあります。

名越:きょうだいには、もともと力関係があるものです。少し昔なら、長男が絶対的な力を持っていましたし、今の時代でも、外から見れば完全に不平等です。

臨床的に感じるのは、もし「不平等でない」と感じる人がいたら、 それはその人が一番愛されていたからです。「親が平等に愛してくれました」という人は、だいたい一番愛されている人で、他のきょうだいはそう思っていない。

竹内:それが相続を契機に表面化するのでしょうか。

 

名越:外から見たら不平等にみえるきょうだい関係は、内からみれば安定的に見えることもあります。たとえば、兄姉が妹弟の面倒をきちんとみて、みんなが平和であることに尽力している場合ですね。こういうとき、仕切ってきた兄姉は「妹や弟のために力を尽くしてきた」と思っています。

ところが、妹や弟はそんなことに感謝していない。すると、相続の場面で、兄姉は、妹弟をこんなに自分は面倒を見てあげたのになぜ? となります。これが、兄姉の喪失感を招き、猛然とした怒りにつながることがあるのです。

遺言がなくても何とかなる?

竹内:相続があった時には、家族で話し合いをしたほうがいいのでしょうか。

名越:原則的にはしたほうがいい。しかし、冷静にできるかというと、なかなかできない。アドラー心理学では「横の関係」といって、親子でも兄弟でも、上下関係ではなく対等な関係で思考することをすすめています。

しかし、これは簡単な話ではありません。それをわかった上で家族会議をしないと、かえって大きな災いになります。 

竹内:たとえば、お父さんは、自分の子どもたちはお互い普通に話をしている、遺言がなくても何とかなるだろうと思っている方が多いですが、実際に亡くなると必ずしもそうはならないということですか。

名越:そうです。家族会議を開く場合は、相手の立場をある程度理解して、冷静に自分の主張をするという技法が必要になります。

しかし、それができるかどうか。高度な技法ですから、お父さんが亡くなったからといって急に学べるわけではありません。結果として、争いになってしまうのです。

名越康文氏と竹内亮弁護士

関連記事

おすすめの記事