シンプルだからこそ難しい「ナポリタン」

本格パスタがレストランでも家庭でも手軽に食べられるようになって久しい。だが、「スパゲティ」の方が身近に感じる、という人も少なくないはずだ。スパゲティもマカロニもペンネもパスタの一種である。だが日本では、洋食として供されるイタリアの麺料理といえば「スパゲティ」だったのだ。

そしてスパゲティの洋食屋での代表格は間違いなく「ナポリタン」だろう。ハンバーグ、ポークソテー、オムライス…。多彩なメニューの中で、ナポリタンは比較的安価な設定で洋食気分を満たしてくれる存在だった。

『フェルマーの料理』(講談社刊)より

具材を見ても、パスタ、玉ねぎ、ピーマン、ウインナーなどとシンプルで、家で簡単に作れそうなもばかり。だが、実際に作ってみると、店の味を再現するのはなかなか難しい…。

そこで本記事では、漫画『フェルマーの料理』(作:小林有吾)に登場するナポリタンのレシピを紹介する。この漫画のテーマは「数学×料理」。数学者を志すも、その道に挫折した高校生・北田岳(きただ・がく)が、数学的センスを料理に生かして成長していく物語である。

この第1話に登場する料理が、ナポリタンなのだ。それも、「数学的に正しいナポリタン」だという。単行本第1巻では、詳細なレシピが描かれており、インスタグラムなどのSNSで実際に再現する人も。「俺のナポリタン史上一番美味しくできた!」「作り方をちょっと工夫するだけでこんなに美味しくなるんだ」と絶賛する感想が寄せられている。