今年は冷夏のあとに猛暑が続き…

とにかく、猛暑続きの今年の夏でしたが9月になり凌ぎやすくなりました。8月になるまでは冷夏で野菜の育ちが悪く高値が続き、8月に入った途端38℃超えの猛暑で食欲不振…。そうめんや蕎麦など冷たい麺類ばかりを選んで野菜やたんぱく質の摂取量が少なく、たいして食べていないのに体重が増える、何となくだるいなどの症状が続いている方も多いのではないでしょうか。

今夏は特にコロナ予防でマスクが必着でしたから、水を飲むタイミングを逸しがちだと危惧され、特に意識して飲むようにとアナウンスされていました。ただ、冷たい物を食べ過ぎ・飲みすぎると、体の余分な水分を排出する機能が下がり、体の中に水をため込んでしまいます。これが、むくみやだるさに繋がるわけです。

photo by iStock

夏の間、当たり前のように摂っていた冷たい食べ物や飲み物による内臓冷え、外気温と室内気温の温度差による冷房冷え、猛暑のストレスからくる自律神経の乱れ…。これらが要因となって、疲れやすい、だるい、日中も眠い、食欲がない、やる気が出ない、腰痛・頭痛などの症状が出ることがあります。これが「秋バテ」です。

通常であれば「食欲の秋」「読書の秋」「スポーツの秋」などやる気に満ち溢れる季節ですが、「秋バテ」になるとそうもいきません。無理に食べたり、行動したりするのではなく自分の身体と相談する必要があります。今回は、秋バテにお勧めの食材と栄養素を紹介します。