3.【東京・中目黒】生産者の顔が見える、日本唯一の量り売りの八百屋「HACARI」

中目黒の住宅街に溶け込むように佇むスタイリッシュな八百屋。オーナー片山由隆さんは、もともと外資系IT企業をはじめとする異業種を通じて、農業と野菜をつなぐ流通に関わってきた。「生産者はみんなこだわりを持って野菜を育てているのに、多くのバイヤーは棚を埋めることや売価がいちばん。味は二の次という印象にギャップを感じた。家庭で多く破棄されてしまう野菜においても、“量り売り”という形態が問題解決につながるのでは」と、考えたと話す。

一見すると八百屋には見えない洗練された店構え

農家直送の野菜は、定番ものからエアルームトマトやトンダビアンカといった珍しい品種も多く、他店では味わえない選ぶ楽しみを与えてくれる。また、売れ残りによる食品ロスを防ぐため、ポテトサラダやピクルスをはじめ野菜を使った週替わりのお惣菜も充実させている。

田舎の直売所でたまに目にするマスカットの“ひと粒売り”も

オンラインショップでは、野菜の定期便のほか「生産者の想いを届けること」を目的としたプロジェクト「旅するチーズケーキ」も人気なのだそう。世界をめぐりながら各国でシェフとして働く旅するシェフこと山崎真人氏(※「崎」は「大」部分が「立」となる字が正式表記)と、日本各地のフルーツ農家による、チーズケーキのコラボレーションプロジェクトで、季節のフルーツを使ったチーズケーキを提供。

利用者が農家に想いを届けられるよう同梱された絵ハガキには、「生産者と消費者をつなぐ架け橋になれたら」という、片山さんのやさしい気配りが込められている。

8月のチーズケーキは山梨県志村農園の桃を使用。9月以降のフルーツは、公式サイトからご確認ください

HACARI
東京都目黒区中目黒4-4-10 1F
☎03-6303-0501
営業時間:9:00〜17:00(土日は18:00まで)
定休日:月・火曜

https://store.hacari.jp/