# 韓国

文在寅が青ざめた…いよいよ支持率「急落」で韓国国民の反発が始まった!

文在寅政権の「欺瞞」があちこちで噴出
武藤 正敏 プロフィール

捜査妨害、左遷…

しかも病気休暇延長に不可欠な診断書や休暇命令書も存在しない。

ソ氏とほぼ同時期に兵役についていた一等兵は、休暇からの復帰が17分遅れただけで実刑判決をうけたとのことだ。

このようなことができたのは秋与党代表(当時)の力によるものである。そして、その後法務部長官となった秋氏は、ソ氏の軍休暇未復帰事件が発覚するや長官として捜査を妨害したことが明らかとなった。

この事件を捜査するソウル東部地検のキム・グァンジョン地検長は、大検察庁刑事部長だった当時、ソ氏の病気関連診療記録の家宅捜索をしようとした捜査チームを妨害し、その代わりにソ氏が取ってきた記録を任意で提出してもらえと指揮したという。

それにもかかわらず捜査チームは8月初めに家宅捜索を行った。すると秋長官はキム刑事部長をソウル東部地検長に昇進させた。捜査チーム次長検事や部長検事は辞表を提出したり、閑職に回された。

 

秋議員夫妻が2017年6月に息子の軍休暇を延長するために国防部民願室に電話した当時の通話録音記録は「保管期限切れ」を理由に破棄されたという。

捜査主任検事は「秋議員の補佐官が休暇延長を請託する電話をしてきた」という陳述を軍関係者から確保していながら、「調書から外してしまった」という。

ソ氏に関してはこれ以外にも、「ソウル竜山(在韓米軍基地)に配属してほしい」「平昌オリンピックの通訳官に選抜してほしい」など様々な請託があったことをソ氏の指揮官が証言しているという。