9月17日 1882年の大彗星が近日点を通過(1882年)

科学 今日はこんな日

地球のみなさん、こんにちは。毎度おなじみ、ブルーバックスのシンボルキャラクターです。今日も "サイエンス365days" のコーナーをお届けします。

"サイエンス365days" は、あの科学者が生まれた、あの現象が発見された、など科学に関する歴史的な出来事を紹介するコーナーです。

1882年の今日、大彗星「C/1882 R1」が太陽の近日点を通過しました。

1882年は、ヨーロッパではサグラダ・ファミリアの建設が始まり、日本では初めての馬車鉄道が開通した年です。この年の9月初頭、のちに「C/1882 R1」と名付けられることとなる彗星が突如として空に現れました。

この大彗星は急激に明るさを増していき、木星や金星といった惑星よりも明るくなりました。9月16日には昼間でも肉眼で見えるほどの明るさになり、翌日の9月17日、大彗星は太陽に最接近をしました。太陽の表面からの距離は約46万kmと、地球と月ほどの距離しか離れていませんでした。

最も彗星が明るく見えたときの光度は-17等級と、満月の月(-12.7等級)よりも約75倍も明るかったと言います。突如として現れて消えた1882年の大彗星は、まさに世紀の天体ショーだったと言えるでしょう。

1882年の大彗星をとらえた写真 Photo by Getty Images