〔PHOTO〕gettyimages

大麻は本当にダメなのか? 日本人は「思考停止状態」から抜け出せるか

伊勢谷さん事件から「大麻非犯罪化」を考える

伊勢谷さん事件をめぐる「メディアの問題点」

9月8日、伊勢谷友介さんが大麻所持の容疑で逮捕された。この事件はメディア各社でセンセーショナルに取り上げられた。

特に9月9日のワイドショーでは朝から各社がこの事件に長い時間を割いたが、どのメディアも似たり寄ったりで問題の本質に迫るような議論はなかった。

それどころか薬物、特に大麻問題の対策を阻害するような番組が目立ち、地上波の劣化が露呈していた。報道の問題点をいくつか指摘したい。

〔PHOTO〕gettyimages

(1)街の声や近所への突撃

「街の声」は毎度おなじみの光景だが、一般人が突然テレビカメラを向けられ芸能人の薬物問題へのコメントをと言われれば(しかも情報がまだ知られていない早い段階で)「びっくり~!」「そんな人に見えなかった」「意外です」という言葉が返ってくるはずだ。

そもそも薬物問題について深く考えたこともない人たちのコメントにそれほどの意味があるだろうか?

そしてこの「そんな人に見えなかった」「意外だった」というコメントこそ、薬物問題のスティグマを強化している。過去の例を見てもわかるように薬物事犯は別に凶悪な人でも、ゾンビのような風体をしているわけでもない。

昨今では小学生から官僚まで薬物事件を起こすくらい、普通の人々の間で蔓延しているのである。まして今回の事件は、合法化されている国すらある大麻である。

 

街を歩いていて「あっ!薬物を使っている人だ」とわかるはずがないのに、なぜか薬物事犯に対して特別な風体をしているはずと連想させるようなコメントを平気で垂れ流しているのがワイドショーや情報番組である。これでは薬物は普通の人から普通の人に近づいてくるという予防教育の基本中の基本を根底から覆してしまう。

また、伊勢谷氏の近所の方への聞き込みを各社が行っていたが、伊勢谷氏はやがて自宅に戻り、人生の再起を図るのである。そのときに、自宅に居づらくなるような状況をメディアが作り出したのでは、再起を阻害することになる。こういったメディアの無神経さが薬物事件の再犯者の多さにつながっているように思う。