新型コロナの影響で注目を集めている「マッチングアプリ」。スマホ一つで新たな出会いを探せるため、婚活の主流となりつつあります。

FRaU webでは、実際の取材に基づいた「アプリ婚活」のリアルを、共著作家の山本理沙さんと安本由佳さんによってノンフィクション小説としてお届け。アプリの「モテ技」テクニックも満載です。

主人公はコロナ禍で孤独を極め、本気でアプリを始めたアラサー男女。「結婚とは」「幸せとは」について見つめ直していくなかで、果たして二人はベストパートナーにたどり着けるのでしょうか?

【これまでのあらすじ】
同期に勧められアプリに登録した工藤直彦だが、なぜかまったくモテない。苦戦の中、留美とのデートにこぎつけるも余計な一言で大失敗。アプリの女王・さくらとは音信不通、おっぱい釣り女に暴言を吐かれ、Twitter婚活垢で晒され…しかしついに条件ぴったりの女性・百合に出会い「結婚前提に付き合いたい」と告白された
これまでの連載「本気でアプリを始めたら」を読みたい方はこちら

地雷女に手を出してしまった男

「ここがナオさんのおうち……」

小さく呟く女の声が、幻のようにぼんやり聞こえた。

直彦はいま、百合と並んで恵比寿の自宅マンション前に立っている。どうしてこうなったかというと……。

時間を巻き戻すこと、およそ1時間前。

二人は外苑前にできたばかりのルーフトップバーで語り合っていた。

そして、ピタリと身体を密着させた百合から「結婚前提に付き合いたい」と直球で告白された

「そ、そうだね……前向きに考えてみるよ」

慌てた直彦はこう答えたのだが……このセリフを、百合は超ポジティブ解釈でOKと受け取ったらしい。

バーを出ると「家って恵比寿だったよね?」と尋ねられ、さらには「行ってみたいな」と甘えた目で見つめられた。

彼女の瞳には男を黙らせてしまう力があって……なんて言い訳にしか聞こえないのは百も承知だが、とにかく断り切れず家に連れてきてしまったのだ。