新型コロナの影響で注目を集めている「マッチングアプリ」。スマホ一つで新たな出会いを探せるため、婚活の主流となりつつあります。

FRaU webでは、実際の取材に基づいた「アプリ婚活」のリアルを、共著作家の山本理沙さんと安本由佳さんによってノンフィクション小説としてお届け。アプリの「モテ技」テクニックも満載です。

主人公はコロナ禍で孤独を極め、本気でアプリを始めたアラサー男女。「結婚とは」「幸せとは」について見つめ直していくなかで、果たして二人はベストパートナーにたどり着けるのでしょうか?

【これまでのあらすじ】
結婚に焦る武田留美(32歳)はマッチングアプリを始め、年下の商社マン・直彦と出会いつつ婚活に精を出すが、失敗が続く。さらに日系アメリカ人・ジェームズ振り回され自己嫌悪に陥るが、「ありのままでいい」という直彦の言葉に癒されるのだった。
これまでの連載「本気でアプリを始めたら」を読みたい方はこちら

都会で生きる女の美学

――留美さんは「ありのまま」でいいんです!――

直彦の言葉が、留美の頭の中をグルグル回っている。

そもそも「ありのまま」なんて、ほとんど意識したことはなかった。

都会で生きる女たるもの、美しく強くあるべきだと当然のように思っていたし、そのために常に向上心を持ち続けてきた。

幼馴染の徳光を除けば、他人に弱音や愚痴をこぼすこともほとんどない。いや、情けない姿を誰かに見せるなんて、自分を敗者と認めるようで絶対に嫌だった。

多少無理をしたって、背伸びしたって、煌びやかな自分で居ることはそのまま幸福度に繋がる。留美は無意識にそう信じて生きてきたのだ。

けれど惨めな姿を晒してしまった直彦に「ありのままでいい」と訴えられてから、留美の心は少しばかり軽くなり、また全身の力がスルスル抜けるような感覚もあった。

――留美には「自分らしく」いられる相手が絶対に合ってる――

以前から何度も徳光に言われた言葉が、今さらながら胸に響いた。