photo by gettyimages

3月にジャニーズ退所…TOKIO長瀬智也が唯一無二の存在である理由

役者としても、音楽家としても

これからは「裏方として」

TOKIOのボーカルとギターを担当する長瀬智也(41)が、ジャニーズ事務所を退所するのは知られているとおり。無論、TOKIOも脱退する。

「突然の御報告、失礼致します。この度、長瀬智也はジャニーズ事務所を退所させていただく事となりました」

こんな言葉を長瀬がグループのファンクラブのサイトで発表したのは7月22日。退所時期は来年3月末になる。同じ日、ジャニーズ事務所は長瀬の退所後について、こう説明している。

「他事務所に属することなく、裏方としてゼロから新しい仕事の形を創り上げていくことになりました」

photo by gettyimages
 

裏方――。漠然とした表現で分かりにくい。具体的には何を指すのか。ジャニーズ事務所内の事情に通じた人物に問うと、こんな答えが返ってきた。

「主に好きな音楽の作詞作曲やプロデュース。才能があるので、おそらく引く手あまたになるはず」

確かに長瀬の音楽的才能は高く買われている。TOKIOの作品のうち、『リリック』『東京ドライブ』など20曲以上の作詞作曲を手掛けた。その上、後輩の関ジャニ∞にも『ドヤ顔人生』を提供している。

長瀬の音楽へのこだわりは強く、自宅にスタジオがあるほど。これまで繰り返し「本業はTOKIOというバンドの一員」(長瀬)と語り、ミュージシャンであることを強調してきた。

編集部からのお知らせ!

関連記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/