Photo by GettyImages
# 家電 # テレビ

「テレビは国産」神話に異変…中国発「ハイセンスの4Kテレビ」絶好調の理由

わずか4万円でこのコスパ

ステイホームで「4Kテレビ」需要増

新型コロナウイルス禍によるステイホームやテレワークが進んだことで、4Kテレビが売れている。

JEITA(一般社団法人電子情報技術産業協会)の2020年民生用電子機器国内出荷統計によると、薄型テレビの出荷台数は4月に35万2000台(前年比106.1%)、5月に36万3000台(同116.8%)、6月に47万台(同101.8%)、7月に52万4000台(同130.7%)と伸びを見せている。

特にその中でも4Kテレビは4月に16万7000台(同113.5%)、5月に18万9000台(同125.2%)、6月に29万5000台(同119.2%)、7月に29万台(同135.2%)と好調だ。

Photo by iStock
 

外出自粛が続く中で、自宅で過ごす時間をより快適に楽しく過ごそうというモチベーションがテレビの買い替えを促している様子だが、最近の国内テレビ市場で、ある異変が起きている。それが、国内大手メーカー“以外”の動向だ。

薄型テレビというとシャープ、ソニー、東芝、パナソニック、三菱電機といった国内大手メーカーが中心だったが、世界的家電メーカーである韓国LGエレクトロニクスも2010年から日本市場に再参入。大手メーカー同士がしのぎを削ってきた。

しかし、家電量販店のWebサイトなどでテレビを検索すると、中国のハイセンスやTCL(The Creative Life)、国内メーカーのアイリスオーヤマといった、これまでの日本市場にはいなかったプレーヤーが多数見られるようになった