「言い返せないdeath…」

ではこのシリーズはどうやって作られているのか。伊藤さんご本人と、連載開始からずっと担当しており、現在は「Kiss」の編集長を務める鎌倉ひなみさんからコメントをいただいた。まずは伊藤さんのコメントからご紹介しよう。

――おいピータン!! シリーズのネタはどうやって考えてるんですか?

昔は喫茶店やファミレスに行かないとネタが出てこない身体だったんですが、
最近は洗濯物干してるときとか茶碗を洗ってるときとかに考えています。
どんどんリーズナブル?
エコ?
になってきています……

――25年以上続いている秘訣は?

かっこいいこと言いたいんですが、「あんまりがんばらない」しか浮かばない……やばい…

――『おいおいピータン!!』で特におすすめは?

よく「カレー心」の回だと言われるんですが、「ちがうでしょ!」と思っても他に浮かばなくて言い返せないdeath……

こんな感じですが、大丈夫でしょうか???
どうぞよろしくおねがいいたします~
とりいそいで~…  伊藤理佐

い、伊藤さん、質問しているのは最新刊の『おいおいピータン!!』のおススメなのだけれど、『おいピータン!!』と『おいおいピータン!!』を勘違いしている(「カレー心」というタイトルの回は『おいピータン!!』で神回と言われている)……そして、「とりいそいで~」と書いているけれど、コメント締切りからすでに過ぎている……、このコメントでわかったことは、伊藤理佐さんがドラマ『半沢直樹』を見ていて大和田常務が好きだということだけ……だが、このまま進めよう。

毎回信じて締め切り前にドキドキしている

では担当編集はどう思っているのだろうか。

――おいピータン!!シリーズが始まった経緯は?

あまりに過去のことで薄ぼんやりしていますが、当時『いいようにはしないから』という作品を描いていただいていて、そこで出てきた「ピータン」という太った男性キャラがいいから、この人主人公に連載やろうってことになって。タイトルは『おいピータン?』にしましょう!って、ご提案しました。

――25年間のご苦労は?

忘却する力が大きくないと耐えられなかったかもしれませんが、あいにく、すっごく忘却力が高く毎回信じて締め切り前にはドキドキするという25年間です…
苦労というか、いろいろあったように思います。

――『おいおいピータン!!』の読みどころを担当として是非!

あらためて読み返してみたら、面白くてびっくりw 
「兄弟の約束」とか「ショートケーキ」とか8ページの中に人生が詰まっていて、伊藤理佐という作家の才能をあらためて感じました。
素晴らしいです。まだまだ毎月、喜んで騙され続けます……

「騙され続ける」というのは、想像するに「もうすぐ描きます」「明日には送ります」という言葉に騙され続けてきたということなのだろう。結局は才能に惚れちゃった担当負けで、毎月締め切りにドキドキしているということになる。しかしそれでも「喜んで騙され続けます」と編集者に言わせる傑作を、読者としてずっと楽しみにしたいものだ。

今回は口絵の4コマ漫画「おいおいトラタン」と第1話の「旧姓わたなべ」を無料試し読みが実現。マウンティング&大盤ぶるまいオンナに、大森さんと結婚した「旧姓わたなべ」さんは果たしてどう立ち向かうのか……。