# 経営者

ダイドードリンコの「自販機」戦略がスゴすぎる…! その知られざる実態

「DyDo」社長が明かす

「ダイドーブレンド」シリーズのコーヒーや「さらっとしぼったオレンジ」などで知られるダイドードリンコを取材した。国内の飲料の売り上げは約1200億円超、そのうち自動販売機での売り上げ比率が80%以上を占め、独自のポジションを築いている。元は大同薬品工業の清涼飲料部門だったが'75年に分社化した。ちなみに、「DyDo」というロゴの由来は「ダイナミック(Dynamic)」と「ドゥ(Do)」を合わせたもの。創業家出身の高松富也社長(44歳)に話を聞いた。

「現場の汗が、会社の生命線」

当社は自販機の運用担当を「ルート担当者」と呼んでおり、長年蓄積してきた自販機の運用ノウハウが貴重な財産になっています。

商品を売り切れにしないのはもちろん、オフィスに設置してあるならミネラルウォーターの「miu」を、工事現場の近くならコーヒーを多めに並べるなど、全国に約27万台ある自販機の品揃えや見せ方を細かに変えています。

photo by iStock

さらに、ルート担当者のトラックには清掃道具が積んであり、当社自販機だけでなく、周囲も清掃します。この丁寧な対応を、効率的に行うことが難しいのです。現場の汗が当社の生命線。ここまでやる会社は少ないと自負しています。

特に推したい商品は「ダイドーブレンド」シリーズのコーヒーです。工事現場の方やドライバーの方がグッと飲み干し「さあ!」と仕事に向かっていく時に愛されてきた商品で、当社も「ダイドーブレンド」の売り上げと共に成長してきました。

成分表示をご覧いただければわかる通り、香料は一切使っていません。一方、最近では自販機がオフィスに設置される例が増えてきて、食事の糖や脂肪の吸収を抑制する「大人のカロリミット」茶シリーズがよく売れるようになりました。

 

商品開発は面白く、努力はお客様にすべて伝わります。コーヒー豆の産地や生産機械、さらには時代が求める味に合わせレシピを変えており、味がよくなると売り上げも伸びるのです。