仕事での得意分野をはじめて掴んだ

“花火”すらうまく楽しめなくなったシズカさんは、何が理由で東京に来ようと決意したのだろうか。転機は35歳で得た、メーカーでの営業サポートの仕事だった。

「駅ビルの後、不動産、通信と業界を転々としたのですが、どちらもかなりしんどくて。不動産は時給1200円、通信では時給900円でしたが、ハラスメントがすごかったんです。

『契約社員になれる確率が高いんですよ』が売り文句なんだけど実際はパワハラでやめてしまう人が多いだけだったり、男性社員が派遣社員を自分の大奥だと思ってるタイプで顔で露骨にランクづけしてきたり……。それが営業サポートに転職してやっと、時給が1000円以上かつ、自分の業務が認めてもらえるという環境になりました。

できないことがあっても、『最初はできなくて当たり前』とちゃんと教えてもらえて……。お金が確実にもらえてしばらく働いていたいと思える状況になって初めて、『いや1000円でも足りないのでは?』と思うようになりました。

Image by iStock

一方、『誰かをサポートする業務だと自分は得意かもしれない』と自分のアピールできるポイントもわかってきて、得意分野を生かして時給を上げる転職に成功しました」

メーカーでの手取りは月12〜13万ほど。そこから類似業界で転職して時給は1200円、手取りはやっと15万円になった。

「親元で暮らすには十分ではありました。B L小説が趣味でも、大してお金はかからないですし。でも、メーカーで働いて、業界内での大手企業による地方企業の買収のニュースなどを聞くようになって、気づいたんですよね。

『今はギリギリ大丈夫だけど、これから仕事がなくなるかもしれないな』『でも、自分の職歴じゃ、川で溺れた社長でも助けない限り正社員にはなれないな』と。

自分は結婚できないししたくないし、もっと給料を上げて、歳をとっても仕事を続けたいなら、今頑張って東京に出た方がいいんじゃないかと、それまでなかった選択肢を考え始めました」

もう一つ、シズカさんが東京に出ようと思った理由がある。「“女の子扱い”を脱したい」と気づいたことだ。