photo by Yasuhiro Harita

CGで完全再現したらわかった! 元寇で押し寄せた蒙古軍船の弱点

船酔い続出で戦意喪失だった!?

ときは13世紀後半、の第五代皇帝フビライは、高麗を配下に収めると、その先の海上にある島国・日本に狙いを定め、1274年の「文永の役」、1281年の「弘安の役」と、2度にわたって侵攻してきました。

【写真】フビライ・カン馬上のフビライ photo by gettyimages

1度目の文永の役では、博多湾に上陸した蒙古軍は、伝統にのっとり一騎討ちで立ち向かう日本の武士たちを、集団騎馬戦術と新兵器の「てつはう」でさんざんに打ち破ったといわれています。博多市街も焼かれ九州は陥落寸前となるも、なぜか蒙古軍はその夜、全軍が撤退して船に兵を引き揚げ、そこへ暴風雨が直撃して壊滅し、日本は救われた――これが歴史の教科書にも書かれているストーリーで、日本にはいざとなったら神風が吹くという「神国思想」が生まれるきっかけともなりました。

しかし、なぜ蒙古軍が一夜にして撤退したのかは、じつはいまだに謎のままなのです。さまざまな説が唱えられてきましたが、科学的に考えると現実離れしたものばかりだと、映画『アルキメデスの大戦』で製図監修を依頼され、戦艦大和などの設計図をすべて描いた播田安弘氏は指摘します。船舶設計のプロフェッショナルが蒙古軍船の性能を緻密に検証し、CG上で再現して迫った文永の役の意外な真実とは?

人気のPS4ゲーム「Ghost of Tsushima」で再び脚光を浴びている"蒙古襲来"の、新しいかたちが見えてきます。

宗主元帝の無茶ぶり命令

1274年、フビライはついに日本侵攻の号令を発し、元は高麗に対して、6ヵ月以内に大型軍船300隻、小型上陸艇300隻、水み艇300隻を建造するよう厳命しました。さらには大工や工夫として3万人以上を徴発させました。しかし、これだけの軍船をつくるのは、大型軍船だけに限ってみても、必要な木材の量、建造期間、船大工や人夫の人数を検討してみると、とても難しいことがわかります。

現存する古船や、日本の江戸時代の千石船、古い帆船、長崎県の鷹島で発見された蒙古軍船、韓国の海洋博物館にある高麗船などの資料から、大型軍船1隻あたりの木材使用量を推定したところ、約234m3となりました。これだけの木材を確保するには、東京ドーム約150個分の広さの森林が必要です。

また、江戸時代に発達した大型の荷船である千石船を参考にして、建造に必要な船大工の人数、船大工に指示によって作業する人夫や輸送に携わる人々、さらに、これらの人々の宿舎や食事の世話をする人員も含めると、総計約6万人/日という規模が必要となり、当時の高麗人口は250万〜400万人であることを考えると、かなりの人数です。

しかも超短工期。用意できた船はどんな船?

建造期間や工程についても問題がありました。建造する船の形状について、宋の外航船のような船首が細く、隔壁が多い船をつくることはもともと技術的に難しかったうえに、時間的にも間に合わず、単純な高麗型の川船形状になったと考えられます。では、高麗型の川船とはどのような船だったのでしょうか?