菅総理、その経済知識、生煮えです!

『ドクターZは知っている』特別版

それができるのは神様だけ

Q1 菅直人新総理は所信表明演説で、財政再建と経済成長、社会保障の充実に三位一体で取り組む「第三の道」を歩むとの決意を示しました。「第三の道」とは何ですか?

A 菅総理は演説で「バブル崩壊から約20年の閉塞状況を打ち破り、立て直すための設計図が『第三の道』だ」とも語っている。

 第三の道とは経済成長を巡る考え方のひとつ。もともとはイギリス労働党のブレア元首相が、保守党のサッチャー流新自由主義的路線に対抗するために、行きすぎた福祉国家・産業国営化路線を捨てて、福祉国家と市場原理を融合させた経済成長の概念として提唱した。

 理論的支柱は、社会学者のアンソニー・ギデンズで、「旧来型の社会主義でもなく、新自由主義でもない道」と説明している。

 菅総理はその名前を借用し、自民党政権を小泉内閣以前と以降に分けて、前者の公共投資依存型政策=第一の道は財政赤字の元凶であると否定。小泉以降の規制緩和路線=第二の道は、リストラによる雇用不安や格差の拡大を生み、デフレを深刻化させるとして斬り捨てた。

 その上で、無駄の排除や増税などで確保した資金を、雇用創出が期待できる成長分野に投入する需要創出型の成長を唱え、「第三の道」と言っている。

 さて、菅総理のお得意のフレーズは「行き過ぎた市場原理主義の小泉改革」だ。これには、本家のギデンズがびっくり仰天しているのではないか。なぜか。

 そもそもギデンズによれば(『日本の新たな「第三の道」』)、「日本はイギリスのような自由な市場改革を経験したことがない」。また、最近10年間で日本の規制緩和は確かに進んだが、日本だけが緩和したわけではない。

 OECD(経済協力開発機構)の調査では、G7各国は規制の少ない順に、米・英・加・日・独・伊・仏となっており(2008年)、10年前と比べても、日本はドイツと順位が入れ替わっただけ(それも、規制の多い東独併合により、ドイツの順位が下がったに過ぎない)。つまり、この10年間、日本の規制水準はG7の平均レベルから変わっていないのである。

 本家の「第三の道」は、行き過ぎた市場原理主義の修正だが、日本では世界の平均的な動きに、なんとかついていっている程度なのだ。この程度のものを「修正」したら、日本は規制緩和で鎖国をするようなものだ。菅総理が本当に「第三の道」を進めたら、日本は世界から取り残されるに違いない。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら