Photo by iStock(写真はイメージです)

「育ちがいい」とトクして「育ちが悪い」と損をする、この社会の現実

あるベストセラーから考える

「マナー指南書」が売れているワケ

『「育ちがいい人」だけが知っていること』という書籍がベストセラーになっている。

この、マナースクールの主宰者によって記された書籍はテレビや雑誌でもたびたび取り上げられ、30万部以上の売り上げを記録しているという。一方、Amazonのレビューを見ると賛否両論……というより否定的な指摘が目につく。内容が薄っぺらい、誰でも知っていることだ、くだらない、などなど、かなりの言われようである。

しかし、ベストセラーになる本にはベストセラーになるだけの背景があるものである。なんらか、人々に響くものを宿していたからこそ、『「育ちがいい人」だけが知っていること』はベストセラーになったはずなのだ。少なくともそういう目で本書を眺め、なぜこの本が必要とされているのか考えてみる余地はあるはずである。

 

本書を実際に手に取って内容を確かめてみると、個々のアドバイス自体はまともである。

たとえばホテルのチェックアウトの時の所作として、

180 タオル類はまとめておく
チェックアウト時には、使用したタオル類は軽くたたんでひとつにまとめ、バスルームにおいておきましょう。「使わせていただきました」「お世話になりました」という気持ちは常に形で表したいものですね。

このようなことが書かれている。

また、本書にはメールの書き方やSNSの使い方など、リテラシー(読み書き能力)に関わるアドバイスが多数含まれていると同時に、現代社会の基礎教養やビジネス作法を教えてくれるような箇所もある。

Photo by iStock

社会のなかで円滑に人間関係を進めていくための方法論を幅広く紹介しているという意味では、本書をソーシャル・スキル・トレーニング(social skill training:SST)の実用書とみなすこともできよう。

とはいえ、本書がベストセラーになった理由が「社会適応に役立つ内容だから」だけとも思えない。なぜなら、これに類する内容のビジネス書や生活指南書は毎年のように出版されているからだ。