【マンガ】女子トーク中に「空気が読めない人」にされた時の「気まずさ」

黄身子「トライアングルとうさぎ」第18話

これまでのあらすじ:主人公のれみちゃんは、自身の寂しさが生みだした「うさぎ」と共に暮らす大学院生。溜まりがちな孤独を「うさぎ」に依存して埋める日々を過ごすなか、偶然知り合った「うさぎ」そっくりな先輩に恋心を抱き、先輩のいるサークルに入部する。

サークルの友達と仲良くなる一方で、これまで寄り添ってくれていたうさぎは日常から遠ざかり、姿をみせなくなっていく。そんな日々にも慣れてきたある日、先輩とのデート中に巨大化した恐ろしい形相のうさぎが急に姿を現し「誰かといても君の弱さは変わらない」と意味深な問いかけをする。

これまで自分のすべて肯定してていたうさぎからの問いかけと変わり果てた姿に、よりどころを失い、いたたまれなくなったれみちゃんは、先輩を置き去りにしてその場を離れた。

我に返り、すぐに先輩に謝罪のメッセージを送ったが、先輩からは返信もない。翌日「もしかして、嫌われたかもしれない…」という悩みを友達の四季くんに打ち明けるが、四季くんからは「みんな自分と一緒だと思わないほうがいい」と言われ、微妙な空気に。さらに追い打ちをかけるように、サークルのある女の子から「恋人いたことないでしょ」と言われて戸惑うのだが…。

●第17話「えっ? 私の思い込み?」はこちら=> https://gendai.ismedia.jp/articles/-/75126

第18話 「ほかにもいるの?」

 

<第19話につづく>

 

プロフィール

黄身子(きみこ)
1992年北海道生まれ。京都大学卒業、東京藝術大学修了。2016年より「自意識過剰と恋愛不適合をゆるコミカライズする」をテーマにTwitterなどで漫画&イラストを発表。ウェブメディア「AM」「She is」「マイナビウーマン」などで漫画掲載、広告・雑誌のイラストや作画なども手がける。2019年5月に原宿ReSeeにて初個展開催。現在フリーペーパー「メトロポリターナ」で「今日も恋する♡アートガイド」、「AM」で「OLのエンジェルちゃん」ほか連載中。Twitter/Instagram:@mososetsunight