戦力外通告された元プロ野球選手の息子が「スーパー中学生」になっていた…!

大阪桐蔭、横浜高校も注目する「天才」
赤坂 英一 プロフィール

父は元プロ野球選手

狭山西武の指導者には、剛の人脈で元プロ野球選手の指導者が集められている。監督は元巨人の福井敬治、コーチは元ロッテの田中良平、元巨人の十川雄二、元西武の佐藤勇。彼らが小野を指導し、実力を認めたからこそ、小野は中心選手になることができたのだ。

こうして順調に成長した息子に、高校進学を前にして、剛は「おまえに逃げ道はない」と告げた。その意図を、こう説明する。

「野球で大成しようとするなら、後ろの退路を断たなければいけないと思うんです。人間、別の選択肢を用意されると、しんどかったらそっちへ逃げればいい、もっと堅実な生き方もあると、つい考えるものだから」

頭抜けた体格、並外れたセンスに恵まれていながら、プロでもアマでも大成せずに終わった野球選手は多い。彼らが挫折した要因は様々だろうが、「人生の逃げ道に走ったこともそのひとつ」だと、剛は考えている。

「僕自身、自分の人生で、そういう失敗を、身をもって経験していますからね。息子には、僕と同じ轍を踏ませたくありません」

剛自身もまた、かつてはスーパー中学生と呼ばれ、5年間だけプロ野球選手のユニフォームを着た人間だった。

父・剛と息子・勝利
 

剛は1978年、大分県中津市に生まれた。彼の父、つまり小野の祖父は県庁に勤めていた地方公務員である。小学生時代から成績優秀だった剛は、将来は慶応大学を出て三井物産に就職するつもりだった。そんな堅実な人生観を植え付けられた家庭環境が、のちに剛の人生に大きな挫折をもたらす要因となる。

中学生のころから本格的に野球を始め、140キロメートル台のスピードを誇る速球派の投手として名を馳せた。ここで、剛は慶応から三井物産へ進む目標を捨て、甲子園出場、プロ野球選手という夢を追いかけ始める。

編集部からのお知らせ!

関連記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/