photo by Gettyimages

なんとトランプが再選する…のか? テレビ討論で狙われるバイデンの足元

世論の本音は調査とは別なところに

世論調査では分からない!

ロイター/イプソスが8月31日から9月1日にかけて実施した米大統領選に関する世論調査を発表した。それによれば、バイデン氏支持が47%に対してトランプ氏の支持率が40%。バイデン氏が7ポイントのリードである。

また、他の世論調査を見回しても、ほとんどがバイデン氏有利の結果である。

このような状況から、日米オールドメディアの多くが「バイデン氏有利」との報道を続けてきたが、逆に7月18日の記事「米民主党は、ジョー・バイデンは、本当に支持されるのか」で述べたように世論調査の精度がますます問題になってきている。

2016年、ヒラリー・クリントン有利との世論調査の中で、トランプ氏が大統領に当選したことを忘れてはいけない。

photo by Gettyimages

米国シンクタンクのピュー・リサーチ・センターが、興味深いデータを提供してくれる。

こちらの調査でもバイデン氏の支持率が53%と、トランプ大統領の45%をリードしている。しかしながら驚くことに、過半数を超える51%が「トランプ氏がバイデン氏に勝利すると考えている」と回答しているのだ。

 

有権者だけに対象を絞ると、「バイデン氏が勝つと考える」のが48%に対して「トランプ氏が勝つと考える」のが50%で、トランプ氏がバイデン氏を上回っている。