画像:Gril Crush公式インスタグラムより引用
# 韓国 # エンタメ # アイドル

過激動画にネット唖然、日本未上陸の韓国アイドル「ガールクラッシュ」がヤバすぎる…!

セクシーすぎて日本進出は無理かも

ブームの流れに逆らう「謎のグループ」

「ガールクラッシュ(Girl Crush)」という言葉をご存知だろうか。近年のK-POPカルチャーを語る上で、絶対に外せないキーワードとなっている。その意味は「女子が憧れる女子」だ。

これまで韓国の女性アイドルに求められていたのは、男性よりのニーズ、つまり“ピュアさ”や“セクシーさ”だった。その証拠に2010年代、韓国アイドル業界では半ば黒歴史扱いされているが、艶かしいダンスや過激な衣装を売りにしたセクシーアイドルブームが起こり、韓国のみならず、日本でも話題を集めた。

だが、そのブームも次第に廃れていき、現在に至る。そこで台頭したのが、このガールクラッシュをコンセプトにしたアイドルたちだ。

男性目線を意識することなく、女性らしさを前面に出し、本音をストレートに表現する――。2016年デビューの「BLACK PINK」らは、このガールズクラッシュを体現し、世界的ブレイクも果たしている。

BLACKPINK(Photo by GettyImages)
 

この潮流は、日本で人気沸騰中のグループ「Nizi Project」を見ても明らかだ。すでに事務所に所属しているような人からまったくの未経験者まで、様々なバックグラウンドを持つ参加者を「オーディション形式」で選抜。何よりメンバーを絞り込む際、プロデューサーのJ.Y.Parkが「自分らしさ」を重視していたことは記憶に新しい。

だが、このガールクラッシュというブームの波に逆らうように、かつてのセクシーブームに回帰する韓国アイドルもいる。皮肉にも、そのグループの名は「ガールクラッシュ」だ。