防衛省のやる気ナシ…「イージス・アショア断念」最大の問題は何だったか

見事なまでの「政治案件」その深層
半田 滋 プロフィール

「読み間違い」「見落とし」「居眠り」…

次のトラブルは、新屋演習場に「津波の影響はない」としてきたにもかかわらず、「津波対策の必要がある」と説明を一転させたことだ。職員が秋田県の資料を見落としていた。

ミスはとめどなく広がり、その後、防衛省はあらたに1カ所の山の標高を誤表記と発表。次には電波の強度を示す「電力束密度」という数値を示した部分に2カ所誤りがあることを発表し、当時の岩屋毅防衛相は「職員が手作業で打ち込み転記する際に間違いが発生した」と陳謝した。

データの「読み間違い」に「見落とし」「写し間違い」、さらには「居眠り」だ。これほどやる気のない仕事ぶりの防衛省を見たことがない。

奇妙なのは適地の選定作業に陸上自衛隊がかかわった様子がまったく見られないことだ。地元住民を説得するための説明会は内局が開催するにしても、適地を選定するのは世界一優秀ともいわれる陸上自衛隊の施設科(工兵)部隊に任せれば、現地を実測することになり、グーグルアースの読み間違いなど起こるはずもなかった。

また、内局が「陸上自衛隊」にこだわり過ぎたせいか、レーダーサイトなどがある過疎地の航空自衛隊基地が候補地から除外されたのも不思議というほかない。

秋田県で候補となった自衛隊施設(赤字)=防衛省の説明資料より

適地とされた秋田市の新屋演習場周辺でみると、例えば青森県つがる市にある航空自衛隊車力分屯基地が候補に上がっていない。車力分屯基地はPAC3と米軍がミサイル防衛に活用するXバンドレーダーがあり、日本海に面しているのでブースター落下の問題は最初から起きない。

レーダーサイトがある秋田県男鹿市の航空自衛隊加茂分屯基地は候補地となったものの、「敷地が狭小」として除外された。

 

もう一方の適地の山口県萩市のむつみ演習場の近くには、日本海にある孤島、同市見島の航空自衛隊見島分屯基地が候補になったが、やはり「敷地が狭小」との理由から早い段階で排除されている。

山口県で候補となった自衛隊施設(赤字)=防衛省の説明資料より