『事件はスカートの中で』(講談社)

【マンガ】行き過ぎた「承認欲求」を抱える女子高生が手を染めた禁断の方法…

『事件はスカートの中で』第1話を無料公開

「特別な人になりたい」という欲求

コミックDAYSにて連載中の漫画『事件はスカートの中で』をご存知だろうか。5月20日に連載がスタートし、9月9日に単行本第1巻を刊行。その「背徳的内容」がSNSを中心に話題を呼んでいる。

どのようなストーリーなのか。

「私は特別な人になりたい」――高校3年生の坂原優夏(ゆなつ)には秘密があった。それは幼い頃から優夏にだけ聞こえる奇妙な「音」が聴こえるということだ。それは、誰かが誰かに強く注目したときに聞こえる、まるでカメラのシャッターを切るような「カシャッ」という音…。

みんなから一目置かれたい、マンガのようなヒロインになりたい。そんな思いに支配された優夏は、ドジで天然なヒロイン像を演じて人の注目を集めることに。だが、欲望はどんどんエスカレートしていく。

さらなる注目欲しさに優夏が思いついた禁断の方法は「スカートの中」に…!?

誰しも覚えのある、思春期の「承認欲求」。それが行き過ぎた結果、少女はどのような末路をたどることになるのか。

作者は、『塩ラーメンをすすった日に』で第81回ちばてつや賞ヤング部門大賞を受賞した、ずみ子さん。本作が初連載となる。

コミュニケーションが苦手な「生きづらい」少年少女を描いてきたずみ子さんが展開する新たな「青春譚」に期待したい。

ずみ子さんの初単行本となる『事件はスカートの中で』の刊行を記念し、現代ビジネスにて短期出張連載をスタート!ぜひお楽しみください!

担当編集より一言!

“秘密を知られた相手に脅されて言いなりに…”という背徳のサスペンス。主人公・優夏は「注目されたい!」「特別な人になりたい!」という承認欲求に動かされ、だんだんと過激な行為へと踏み出してゆきます……そこに潜む“危うさ”にも気づかずに。そして彼女たちが進む先には、平和に見えた日常が突然牙をむくような出来事が!?

著者・ずみ子さんが周到に仕掛けた「事件」をお楽しみください!

NEXT:第2話は9月10日(木)に更新予定です
ずみ子/漫画家。第81回ちばてつや賞ヤング部門大賞を受賞しデビュー。現在、コミックDAYSにて『事件はスカートの中で』を連載中。好きなものは動物と広島東洋カープ。Twitter→@nezumi_0909