元気ハツラツすぎる「88歳」大村崑が筋トレにハマりムキムキになっていた!

大村崑夫妻の楽しい筋トレ生活【前編】

88歳になった「崑ちゃん」

大村崑さんをご存知だろうか。1931年兵庫県生まれの喜劇俳優である。昭和30年代、黎明時のテレビ軽演劇『やりくりアパート』『番頭はんと丁稚どん』『とんま天狗』で人気沸騰、全国的なスターになった。

長年出演した大塚製薬のオロナミンCドリンクのCM「元気ハツラツ!」は日本中の誰もが知るキャッチフレーズとなり、「うれしいと眼鏡が落ちるんですよ」のセリフも大流行した。昭和生まれなら、「崑ちゃん」という呼び名を、懐かしいホーローの看板とともに記憶されている人も多いはずだ。

現在88歳になった「崑ちゃん」が、トレーニングに夢中になっているという。いったい何があったのだろうか。本人に聞いた。

 
88歳の大村崑と、83歳の瑤子さん
 

「運動中毒というんですかね。今では、夫婦の話題はトレーニングのことばかりになっちゃった。運動を始めて、その影響で効果が出て自分が変わってくると、それが不思議なのと同時に、『ああ、筋肉は生きているんだな』と実感するんですよ。筋肉は運動を欲しがるんですね。ちょっと辛いからやめておこうかなと思っていても、筋肉が『さあ行こうよ』とねだるんですね」

まずは夫妻のツーショット写真を見ていただきたい。とても88歳と83歳とは思えないムキムキの筋肉。引き締まって無駄のない身体は、まさにトレーニングの賜物である。