photo by Gettyimages

厚生労働省のITシステムは、なぜこうも不具合が多いのか?

業者に丸投げ、評価能力なし

日本政府のオンラインシステムには問題が多いが、厚生労働省の現状は眼を覆わんばかりだ。

雇用調整助成金のオンライン申請は2カ月半もストップしていた。

感染者情報収集システムHER-SYSは、自治体からそっぽを向かれている。

接触確認アプリCOCOAで通知を受けても、保健所の体制が追いつかない。

病院に物資を配分するシステムが機能しない。

こうなるのは、システムの発注者たる厚労省が評価能力を持たず、丸投げしているからだ。

2ヵ月半ストップ、雇用調整助成金のオンライン申請

「厚生労働省が運営する雇用調整助成金のオンライン申請が8月25日から再開された」とのニュースを見て、びっくりした。

厚生労働省HPより

5月20日の開始初日に個人情報が流出するトラブルが生じて運用停止になったこと、そして6月5日に個人情報流出トラブルが再発したため運用停止になったこと、は知っていた。しかし、まさかそれから2カ月半もストップしたままだったとは知らなかった。

 

雇用調整助成金の申請窓口は、大変混雑していると言われる。厚生労働省が自ら三密空間を作り出しているわけで、オンライン申請は、申請者をコロナ感染から守るために大変重要なことだった。

それがこんなに長く運用停止とは。まさに、一番必要な時に機能しなかったわけだ。