大ヒット漫画『テルマエ・ロマエ』で知られる漫画家で文筆家のヤマザキマリさん。1年の半分を東京で、残りの半分を夫の実家であるイタリアで過ごしているが、コロナ禍により約10カ月間、東京の自宅に留まることを余儀なくされているそう。そんな中、「世間体」を戒律のように重んじる日本社会のあり方に、改めて違和感を覚えたという。

戒律としての「世間体」

緊急事態宣言下で商業施設の自粛が決まったとき、それでも営業を続ける店はその名前を公表する、というのが日本の行政処分の限界だったようです。しかし、「名前を公表しますよ」というのはつまり、「世間の目に晒しますよ」という罰則です。感染リスクの危機が差し迫った状況で、自治体が事業者に言える唯一のことが「世間から制裁を下されなさい」というのは、あまりにちぐはぐです。

〔PHOTO〕Getty Images

しかし日本の場合は、往々にしてこの世間体が、自粛を促すプレッシャーとして機能する。言わば「戒律としての世間体」です。法でも宗教でもない、世間が起こす圧力が日本ほど強い国はほかにそうありませんし、その効能が法律にまで影響することに愕然としました。イタリア人の夫とこの話になったとき「名前の公表? それは逆に集客効果をもたらす宣伝になるんじゃないの?」とさっぱり意味を理解していませんでした。

世間体は「空気」と言い換えても成立しますね。日本は言葉の応酬をせずとも、空気を読み合ってコミュニケーションを取ることを良しとする国です。場の空気を的確に読める人を評価し、読めない人のことを排除する。その空気に照らして、休業要請に従わない事業者を処分してもらうというわけです。

世間体の戒律に従わないものは「異質」や「異端」と烙印を押され、共同体という群れのなかから排除される。この異質なものを取り去ることで同質性の純度の高い群れを守り、保とうという考え方は、とても日本的だと思います。