2020.10.04

超難関「東大医学部」合格者でも落ちる…? 知られざる「医師国家試験」の凄まじい世界

原田 広幸 プロフィール

「国家試験に落ちてしまった人」は

――医師国家試験対策以外に、「復学」についての指導があると聞きましたが。

日高:はい、ふつうの予備校などではめったに見られない、復学のための指導も行なっております。「復学」というのは、留年を繰り返すなどの原因で、退学・放校となってしまった学生が、もう一度大学に入りなおす制度です。

これは、大学によって具体的なルールがだいぶ異なります。しっかりとした復学基準を明確に提示する大学と、基準が明確でない大学もあるんです。一度退学した学生に、本当にやり直す意志があるか、果たして、国家試験に受かる勉強ができるか、こういった点を大学は問うています。

試験日や内容、定義など、しっかりとした復学基準がある大学については、予備校が関与することによって、ほぼ100%復学に成功させられるのですが、一方で、基準が明確でないところは、おそらく、復学には高いハードルがあり、本人のやる気だけでは結果がでないことが多いと思われます。

 

――どうしても医師国家試験に受からなかった場合は、どうなるのでしょうか。

日高:国家試験に何回チャレンジしても、どうしても受からなかった人は、実際に存在します。彼らはいま、どうしているかというと、予備校に通っていたなかの例で言うと、一人は病院の事務長になり、もう一人は、看護師になりました。

前者も後者も、どうしても医療に携わりたいという気持ちが強くあったのでしょう。ある意味、その気持ちは立派であるし、きっと良き医療人になれていると思います。

知られざる、医師国家試験の世界は、いかがだっただろうか。超難関の医学部入試をくぐりぬけてなお、絶対に落とせない国家試験に向けて邁進する医学部生たち。予備校を利用しようと、するまいと、彼らのほとんどは真摯に医師という職業を目指している。

アフター・コロナの世界には、今以上に医療の力が必要である。その中核を担う人材育成を、陰で支える国家試験予備校の役割は、さらに大きくなっていくことだろう。

(取材協力:株式会社メック)

SPONSORED