消毒アイテム。どれを買うのが正解?

ドラッグストアに行っても、マスクや消毒アイテムが全く入手できないという時期が長い間続いた。ここ最近、やっと手指用洗浄剤、手指用アルコール液、消毒用シートなど、ある程度の量が並ぶようになってきている。
が、「消毒」と検索するとこんな声も数多く見かける。

「見つけても、聞いたこともないメーカーの商品ばかりで安全性に不安がある」
「成分表示がよくわからなくて、きちんと効果があるのかぶっちゃけわからない」
「アルコール濃度がきちんと表記していないものも多い。何を目安にすればいいの」
「信頼感という意味で、日本の大手メーカーのものを選んでしまう」

店頭に並ぶ消毒商品。表示もマチマチで何を基準にすべきかわからない。photo/Getty Images

確かに、店頭に言ってみると、パッケージの表記はさまざまだ。「99.9%除菌」「99.99%抗菌」といった数値を大々的にうたっているものもあれば、「ウイルス(細菌)に効く」というキャッチコピーもある。どの商品を選んでいいかわからない中で、高い確率を示すような表現やウイルスといった言葉が入っていると、やはり手はとってしまいがちになる。しかし、果たしてそれは本当に正解なのだろうか? 

また、友人からこんな質問をされた。
「パッケージに書いてある『除菌』『抗菌』の違いって何? どっちを買ったほうが消毒としての効果が高いの?」

コロナ禍では、除菌と抗菌では、除菌を選ぶことが多いような気がするが、果たして自分の選択は正しいのか堂々と答えることはできなかった……。

医療従事者や食品関係や精密機器などを扱っていない限り、人生の中で、こんなにも手指洗浄や消毒に向き合うことはないだろう。私たちはコロナ禍になってから、消毒の知識をはじめて学んでいるに等しいのだ。表示の意味も、有効成分がなんなのか、知らなくても問題ない。が、コロナ禍には残念ながら有効性が低い消毒アイテムも存在している。だからこそ今一度、「衛生の基本のキ」を整理してみたいと思う。

新型コロナウイルスの感染が広がり出してから、素早く市販の商品で有効性を検証した北里大学大村智記念研究所ウイルス感染制御学1 研究室教授・片山和彦氏に話をうかがった。