photo by iStock

「なんか提案して」と言われたとき、どこから着手すればよいのか?

これから必要とされる人材の要件

「なんか提案して」の恐怖

「来期に向けてなんか提案して」

「DX(デジタルトランスフォーメーション)で何か面白いことできない?」

「例の件、適当にうまくやっといて」

最近こんな依頼が上司やお客様から来たことはないでしょうか?

皆さんはこのような依頼を聞いてどのように感じるでしょうか?

ごく一部の人を除けば、大抵の人の反応は「そんなこと言われても何をどうすれば良いかわからないから、もう少し依頼を具体的にして欲しい」というものでしょう。

本記事では、このような人たちに対して、なぜこのような依頼が増えてきているのか? なぜこのような曖昧な依頼が重要なのか? から始まって、どのように考えて対処すれば良いかについてのヒントを提供したいと思います。

 
この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら