大きな経済的な動揺に発展する可能性すらある photo/gettyimages

証券業界に大激震…! 営業マンが売りまくる「仕組み債」のヤバすぎる現実

コロナ禍で「損する人」が続々と…

大手証券会社がすすめてきた「仕組み債」…!

新型コロナウイルス問題が深刻化する前の2019年後半、東京近郊に住む一人の主婦がある大手証券の営業店を訪れた。手元にあるのは個人向け国債の満期資金1000万円。老後のための蓄えの一部である。窓口の担当者がすすめてきたのは仕組債だった。ざっと説明を受け、資料も見せられた。

「金融資産5000万円以上をお持ちならば、もっと利率の高い魅力的な商品がありますが、どうですか」

さすがに「そこまでの資産はない」と断ると、担当者は「200万円以上で1000万円ならば、この商品ですね」とさらに別の資料を主婦のほうに押し出した。

その直後、見計らったように支店長がやってきた。

「奥様、商品の仕組みはおわかりいただけましたね」

photo/iStock
 

何が何だかよくわからなかったが、支店長の「圧」に押されこの主婦は購入したという。

年が明けた2020年1月、「早期償還」ということで、投資元本とわずかばかりの利息が口座に入金された。主婦は驚いた。なぜだかわからなかったが、担当者が電話してきて「同じ商品をまた売り出します。パンフレッドをお送りしました」と伝えられた。