「きちんとした文法に沿って、きれいな発音で話す英会話も必要ですが、実際に英語で話すときに必要になるのは真逆の英語でした」と語るのは、Instagram「超絶シンプル英会話 @english.eikaiwa」のフォロワー数が10万人超え、累計3万部突破の英語本『1回で伝わる 短い英語』の著者であり、元エミレーツ航空のCAであるmamiさん。

mamiさんが紹介するのは「たったこれだけで伝わるの?」と思ってしまう超絶シンプルなフレーズ。省略しすぎると失礼に当たってしまうのでは…と心配になるかもしれませんが、シーンに合わせた短い英語もありますのでご安心を。

FRaU webでは、そんな簡単で覚えやすい英語を使った「シンプルなのに伝わる英会話レッスン」を毎週金曜日に更新! 今回は、どの電車に乗ればいいのか迷っている人に質問されたときの答え方をご紹介します。

今までの英会話レッスンはこちら▶︎

★mami流・英語を話すときの心得★
「間違えないように言わなきゃ」と気負う必要は全くありません。一番大事なのは「相手に伝えること」。カタコト英語でも問題ナシ! 「英語がしゃべれないから...」と、困っている外国人を見て見ぬふりせず、積極的に話してみましょう。

「◯◯まで行きたいのですが、どの電車に乗ればいいですか?」と聞かれたときに使えるフレーズ

“ I wanna go to Tokyo station. Which train(bus) should I take? ”
「東京駅まで行きたいのですが、どの電車に乗ればいいですか?」 駅でどの電車に乗ればいいか困っている外国人の方、けっこう見かけますよね。教えてあげたいけど、英語でどうやって言えばいいのかわからない…そんなときに使えるフレーズを紹介します。

【1】This one. / That one.
これです。/ あれです。

【解説】「えっ、これだけで伝わるの!?」と思うかもしれませんが、これが一番シンプルで伝わりやすい言い方なんです。もっと丁寧に言いたいなら、「You can take this / that one.」(これに / あれに乗ればいいですよ)というフレーズを使ってみましょう。

【2】 Take ○○ line.
◯◯に乗ってください。

【解説】「〇〇線」はそのまま「○○line」と言います。「Take JR line from track No.1」(1番線発のJR線に乗ってください)と、より詳しく説明することもできます。「take」は「乗る」という意味の単語。駅での会話でよく使うので、覚えておくと便利ですよ。

【3】Transfer to ○○ line in Shibuya.
渋谷で○○線に乗り換えてください。

【解説】これは【1】や【2】のフレーズの後につけ足して使えるフレーズです。乗り換えについて説明したいときは、「transfer」という単語を使います。都心の電車は乗り換えが多いので、覚えておくと便利な表現です。

.                

今週はここまで。mamiさん監修「シンプルなのに伝わる英会話レッスン」は毎週金曜日に更新!

\毎日18時に今日の問題が届く/
LINE「身につく英会話 無料講座」▶

\使えるフレーズを日々アップ/
Instagram「超絶シンプル英会話」▶

\スマホで楽々、英語が身につく/
mami公式「オンライン英会話スクール」▶

1回で伝わる 短い英語(KADOKAWA)
非ネイティブが7割を占める現代では、ペラペラと流暢な英語を話しても、通じないことがほとんど。反対に、誰にでも伝わる短い英語を身につける必要があります。ドバイのエミレーツ航空でCAとして何万回とリアルな英会話を実践してきた著者が、現地で聞いて、使って、通じた、本当に必要な「短い英語」をセレクト。日常会話、海外旅行、接客。あらゆるシーンで使える短い英語をカバーしています。