〔PHOTO〕gettyimages

安倍首相、1時間1分の辞任会見によぎった「不吉な予感」

思い起こすのは安倍晋太郎元外相の最期

いつ辞任を決意したのか

ついにゆく道とはかねてききしかど きのうけふとは思はざりしを
(終末を迎えるということは、かねてから聞き知っていたが、昨日今日のこととは、思ってもみなかった)

古今和歌集に収められた在原業平(825年~880年)の歌である。「平安一の伊達男」として一世を風靡した業平は、『伊勢物語』の主人公にもなったが、55歳でこの世を去った。

いま65歳の安倍晋三首相も、まさに「令和の業平」と言うべき心境なのではなかろうか。

安倍首相は8月28日午後5時から、突如として辞任の記者会見を行った。質疑応答まで含めて、1時間1分に及んだ「最後の会見」は、十分に感銘を受けるものだったが、一つだけ、直感的に「ウソだ!」と思った発言があった。

それは、質疑応答に移って、最初の記者が、「辞任を決意したのは、いつの時点でしたか?」と質問した時だ。安倍首相は一瞬間をおいて、次のように答えた。

〔PHOTO〕gettyimages

「これから9月に人事があり、そして、国会を開会していくという中において、これ(持病の潰瘍性大腸炎)が継続的にずっと間違いなく善くなっていくという保証はない中において、ある程度、この投薬(最近開始した新たな薬)が終了して、大丈夫ですとなれば別なのですが、その過程にあるという中において、正にコロナ禍の中において、政治的空白を生み出さないようにする上においては、このタイミングで辞任するしかないという判断をいたしました。

そして、それは先週と今週、検査を受けまして、今週の診察を受けた際に判断をしたところであります。月曜日にですね」

安倍首相は、8月17日月曜日に、東京・信濃町の慶応病院に7時間34分も滞在し、精密検査を行った。それから1週間後の8月24日も、再び慶応病院に3時間44分も滞在し、再び検査などを行っている。

ある大学病院関係者に確認したところ、一般的にこうした場合に考えられるケースは、以下の通りだという。

まず、何らかの身体の変調をきたしたため、1回目の精密検査を行った。その結果は、一週間後に訪れた2回目の時に、本人に伝えられた。だが、いくつかの追加検査が必要と判断され、それを行った。その結果は、1週間以内に本人に伝えられたはずだという。

 

安倍首相が、厚生労働省が難病指定している潰瘍性大腸炎を患っていることは、本人が公言している通りだ。そして、この難病を抱えながら長年、激務の日々を送る中で、「6月以降に再発した」と金曜日の会見で語ったが、それもおそらくその通りなのだろう。

だが、もしも単に、この再び頭を擡(もた)げた持病だけだったなら、先週のようなスケジュールになっただろうか?

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら