〔PHOTO〕iStock

ラーメン二郎好きが驚愕…「麺の量を半減した店」で気づいた「衝撃の事実」

まさか、そんなことが…

ある店舗の「量を減らす」宣言

ラーメン二郎は、店によって量がかなり違う。

普通のラーメンを頼んでも、あっという間に食べられる店もあれば、かなり頑張って頑張って突き進まないと食べきれない店もあって、けっこう差がある。

およそ2年少々でラーメン二郎のほぼ全店をぐるぐるまわって(だいたい均等にまわって累計330回ほど)、それぞれ完食するまでどれぐらいかかったかを記録しているのだが、早いところだと4分かからずに食べきれるし、多いところだと8分を越えてしまうことがある。つまり倍ほど違う。また、多いところにかぎって、ブタをおまけにたくさん乗っけてくれたりして、ぶぎゃーと叫びつつ、10分近くかかってしまうこともある。

デフォルトの量で、かなりの差があるのだ。

〔PHOTO〕iStock
 

ラーメン二郎好きたちは、「この店の量は少ない、ここは破壊的に多い」ということをだいたい把握している。また、インターネットでそういう情報が交換されているので参考にされるといいとおもうが、ただ、かなり変動的な部分も多い。「この前に来たときと全然、量が違うじゃん!」てことがすごく頻繁に起こるので、そのへんは気をつけたほうがいい。

先だっても、二郎のある店がラーメンの量を減らす宣言をしていた。

ツイッターの「非公式アカウント」で呟いていたので、店名は出さないが、6月に以下のようなツイートをしていた。

「店の近隣などに、嘔吐があり、近隣の住民からクレーム、保健所より指導がありましたので。明日よりラーメンのサイズを変更致します。」

なかなか哀しいお知らせである。