〔PHOTO〕iStock

夜、子どもを寝かしてから「家を出る」シングルマザーふたりの言い分

そして直面した「小1の壁」

子どもを寝かした後、彼と会う

「夜、子どもを寝かしつけてからか、ゲームかテレビに夢中にさせてから……そこからが私の時間です。彼と会ってきます」――。

恋する乙女といった雰囲気で、こう明るく話すのは兵庫県で暮らすリカさん(仮名・38歳)。現在、小学校6年生と小学校1年生のふたりの子と3人で暮らすシングルマザーだ。大学卒業後、新卒で公務員として採用されて以来、順調にキャリアを築いてきた経済力もあり、別れた夫からは慰謝料や養育費の類は一切もらっていない。

元夫から別れてまで「借り」を作るようで嫌だったという理由からだそうだ。また、二人の子どもには、「居ない父親を当てにするようなことはして欲しくない」というリカさんの母親としての方針と意地もある。

〔PHOTO〕iStock
 

こんな調子だから、元夫と元義家族との縁は、もう、とうの昔に切れた。

リカさんの両親は健在だが、今、リカさんたちファミリーが暮らす町から、「新幹線で数駅程度」離れた町に住んでいる。夏冬春の学校の長期の休みの日や、たまの連休ならいざしらず、平日の夜、子どもをみてもらうには無理がある。

実両親、肉親といえども、まだまだ手のかかる年頃の子どもを両親に預けるには、やはり気が引けるという。

年収約700万円程度、安定した公務員の収入はあるものの、住宅ローンもあり、実家へ頻繁に通うには交通費も嵩む。そうした出費はできれば子どもたちの教育費に充てたい。