2020.08.31
# 東証 # 日本株

「安倍首相退陣」で9月、日本株市場が迎える「ヤバいシナリオ」

「今後も大きな変動はない」って本当?
マネー現代編集部 プロフィール

それでも強みがある企業は?

このように、今後の株式市場は、大局的に見ると、あまり明るい未来は予想できない。だが、今後の株価上昇が期待できる企業も、もちろんある。

的中確率ズバリ80%を誇る『DeepScore株価予報AIエンジン』(DeepScore社開発・運営)によると、今週の注目銘柄としてまず挙げられるのが、リゾートトラスト(4681)である。

名古屋に本社を置き、会員制リゾート「エクシブ」など、リゾート地でのホテル開発・運営をメイン事業としている。観光業ということもあり、コロナの影響をモロに受け、20年の第1四半期は4億円の赤字に転落した。

DeepScore社企画調査本部長の藤本誠之氏はこう解説する。

「通期でも、経常利益が前期比37.5%減に落ち込む見通しを開示しましたが、株価は悪材料出尽くしで反発。安定した会員権収入や、健康診断などのメディカル分野にも事業を拡げており、約4割の減収で済むことが逆に投資家の安心へとつながったようです。しばらく、リバウンド相場が続きそうです」

「Go Toキャンペーン」は決して大成功だったとは思えないが、今後少しずつ観光需要が復活するのは間違いない。ホテルのクラスター発生も不可避のものとして取り上げられているが、「会員制」であれば安心、というニーズも出てくるかもしれない

 

リゾートトラストと同じく、今週の株価上昇が期待できるかもしれない銘柄が、三和ホールディングス(5929)である。

関連記事

おすすめの記事