Photo by iStock
# テレワーク

オンライン会議、「上座」は気にする必要がないと確実に言えるワケ

マナーも少しづつ変わってきている
新型コロナの影響で、今や当たり前となったオンラインのミーティングや商談。どんなことに気をつけるべきか、どうすればスムーズに進むのか、手探りのビジネスパーソンも多いだろう。マナー講師で、最新刊『超基本 テレワークマナーの教科書』を出版した西出ひろ子さんは、「役職を名乗る」「席次は気にしない」といったコツを挙げる。覚えておくと一目置かれる、「オンライン会議」時代の新しいマナーを教えてくれた。

紹介順を先に決めておく

社内会議で参加者全員が顔見知りなら、最初の挨拶を終えるなり、本題に入ることもあるでしょう。

Photo by iStock

しかし、社外の人も交えた会議では、1人でも初対面の方がいたら、リアル会議と同様、「自己紹介」が必要です。

テレワークが浸透すると同時に、社外の人との接点が減る傾向があります。「ネットを通じて連絡はしているが、実際に会ったことはない」といった仕事相手がいるのではないでしょうか。そうした人たちが参加するオンラインミーティングでは、なおさら自己紹介が重要になります。

多くのオンラインミーティングでは、ホストが進行役を務めるため、最初にホスト自身が挨拶をします。それからホストに促される形で、参加者が挨拶していきます。

おおまかには、次のような流れとなります。

(1)ホストの挨拶と自己紹介
(2)自社側の自己紹介(役職の高い順)
(3)取引先側の自己紹介(役職の高い順)

 

自己紹介は「目下の者から」というルールがあります。まずはホスト役の人が属する会社の役職の高い人から順に自己紹介をしていきます。そう考えれば、自分が挨拶する順番もわかりますね。