〔PHOTO〕iStock

ANA・JALも採用を中止…就活市場「コロナ氷河期」のヤバすぎる実態

学生と親が今「やるべきこと」

長引くコロナ禍で例年より発表が3カ月遅れた2021年卒の大卒求人倍率は、10年ぶりに0.3ポイント以上下落の1.53倍となった。昨年まで5年ほど続いた1.8倍前後の売り手市場傾向から一変。厳しい就職環境が訪れている。

大企業の選考ピークである4~6月に採用活動がストップしたり、急きょ導入されたウェブ面接などの混乱もあいまって、就活生にとっては苦難の夏となった。ただ、本当の問題はコロナ禍が長引くことにより、来年以降、さらに就職環境悪化が続く就職氷河期再来への懸念である。

400社以上で企業の人材育成を支援するFeelWorks代表取締役で、『コロナ氷河期 終わりなき凍りついた世界を生き抜くために』(9月19日発売予定・扶桑社)を上梓する前川孝雄氏が、今後訪れるかもしれない「コロナ氷河期」に向けた警鐘を鳴らす。

大卒求人倍率が大変なことに

2021年度の大卒求人倍率は、10年ぶりに前期比0.3ポイント以上下がり1.53倍(6月調査)にまで低下した。原因はやはり新型コロナウィルス感染症拡大による採用計画縮小で、全国の民間企業の求人総数は前年の80.5万人から68.3万人へと12.2万人、約15.1%も減少したのだ。求人総数が前年比10%以上の下落を記録したのは、リーマン・ショックの影響が出た2009年以来のことになる。

〔PHOTO〕iStock
 

すでに、就職人気企業であるANAやJALといった大手企業も、2021年度新卒採用の新たな活動を中止することを発表している。

昨年まではアベノミクスやオリンピック景気もあって、企業の採用意欲は旺盛であり、ここ5年ほどは1.8倍前後の売り手市場傾向が続いていた。若手社員の早期離職も企業にとっての深刻な課題となるほどだった。そこから一変。厳しい就職環境が訪れたことになる。