「H&M」の日本での大成功を導いた、「先進的」な経営方針

H&Mジャパン社長にインタビュー
夏目 幸明 プロフィール

例えば当社は広告でも、海外のセレブやモデルだけでなく、安室奈美恵さんをはじめとする日本の有名人とコラボレーションしてきました。H&Mのメッセージを伝えていただくにふさわしい方を日本の皆さんの視点で選んだのです。

photo by iStock

その結果、安室さんとのコラボレーションの際には全店舗で長い行列ができるほどのキャンペーンになり、私は今も「雨でもこんなに!」と感激したことを覚えています。

来日はエキサイティングな冒険です。私生活では、家族で富士山に登ったり、時には着物を身につけたり。仕事でも私の来日後、店舗数は約50から100超へと倍増しています。

この冒険は家族にとってもよい影響をもたらしています。子どもたちはアルバイトなどを通し、きっと「国によって様々なやり方があり、そのどれもが正しいのだ」などと、広い視野と国際性を身に付けていることでしょう。

日本に来て驚いたのは、様々な商品の品質の高さです。当社へのご質問も素材や品質の話が多く、どこでどのようにつくられたかまで気にする市場は世界でも珍しいと思います。皆さんにとっては当然のことかもしれませんが、これは日本の特別な部分だと感じます。

 

仕事を「義務」から解放する

組織作りでは「全ての人種、性別の方が、自分らしさを発揮するグループが最善の結果を出す」と考えています。