金融のプロが解説!「半沢直樹」帝国航空再建は「現実的」か否か…

帝国航空と日航を重ね合わせると
高堀 冬彦 プロフィール

メガバンクであっても痛い

現在の半沢が破綻寸前の帝国航空の再建に取り組んでいるのは知られているとおり。東京中央銀行は同社に700億円以上の債権がある。半沢は人員とコストを削減することによって同社を建て直し、債権の全額回収を目指している。

そこへ政界から横槍が入った。箕部の肝煎りで国交相に就いた白井が、帝国航空再建のためのタスクフォース(特別作業班)をつくり、同社に送り込んだ。

「タスクフォースには法的根拠がありません」(住友信託銀行やメリルリンチ証券などに勤務し、金融界に精通する楽天証券経済研究所客員研究員で経済評論家の山崎元氏)

あくまで白井の私的諮問機関。にもかかわらず、リーダーの弁護士・乃原正太(筒井道隆、49)は居丈高に振る舞い、銀行側に債権の7割カットを強要。東京中央銀行の場合、約500億円である。

 

「債権放棄となったら、メガバンクであっても痛い」(山崎氏)

なにしろ、三井住友フィナンシャルグループの2020年第1四半期(4~6月期)決算の連結純利益ですら860億円なのだ。

それなのに乃原は、銀行が自分たちに服従するのは当たり前と言わんばかり。半沢が憤ったのも無理はない。

半沢「こちらの事情も聞かないで呼びつけた挙げ句、ふんぞり返って借金を棒引きにしろだなんて、今どきヤクザだって、そんなマネしませんよ」

一方、乃原もはらわたが煮えくり返ったはずだ。「自由と正義」「公正と平等」を表す弁護士バッジを着けていながら、ヤクザ呼ばわりされたのだから。政治家の白井、箕部よりスケールは劣る乃原だが、いずれは半沢との直接対決もあるのだろう。

編集部からのお知らせ!

関連記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/