良かれと思って言ったのに…

――あの「頑張ってくださいね!」発言にはどのような意図があったのでしょう。

半沢直樹の世界観は縦割りの構造が基盤となっており、そのなかでのわだかまりや不正、マキャベリストに、立場の不利な半沢さんがドンデン返しを起こすといた痛快さが、このドラマの醍醐味だと思います。

そのなかで田島は悪人か善人どちらなのか、といったシンプルな基準で物事を判断してしまう節があり、行動を共にする山久さんを「仲間」と認識し、「頑張ってくださいね!」と発言してしまいました。

写真提供/TBS

タテ社会のいろはを超越したこの発言は、温厚な山久さんのやり場の無い怒りを爆発させるキッカケを作ってしまったわけです。良かれと思って言ったのに……と田島らしさが出ているシーンですね。これは劇中でなくても起こり得るので、注視して日常を過ごさなければな、と。

――なるほど…。今後の田島的見どころはどのようなものでしょう?

敵対する国土交通省の白井大臣に対して、ほんのりミーハー感を出したいなと密かに思っています。……いや、田島ならではの目線で帝国航空の再建に風穴を開けられるよう、努めたいですね。