令和の半沢直樹?

――入江さんはドラマ第4話からの参加となりました。実際に放送がスタートして、いかがですか?

オンエアを見て、素晴らしいスタッフ、出演者のみなさまの元で、新たなスタートを切れた気持ちに改めてなりましたね。

編集された映像を見ると、現場のスピード感よりも更に怒涛の展開に拍車がかかっているので、振り落とされないよう、必死に喰らい付いていきたいと思いました。

写真提供/TBS

――入江さんが演じているのは、半沢の部下である東京中央銀行営業第二部の田島春。どのような人物なのでしょうか。

あまり好きな言葉ではないのですが、俗に言う「ゆとり世代」だなと…。明け透けな言葉を発する命知らずで、そういった意味でも田島は半沢みたいな気質があるかもと、堺さんと話したりしました。田島なりの正義感を表現したいと思っています。

――なるほど! 令和の半沢直樹…みたいな感じですかね? たしかにはたから見ると冷や冷やしてしまうセリフもありますよね……。

山西惇さん演じる、帝国航空・財務担当役員の永田宏の不正が半沢の手腕によって暴かれ、第6話から石黒賢さん演じる財務部長・山久登にその仕事のツケが回ってしまいました。

余剰人員の整理に追われて頭を抱える山久の背中に「頑張ってくださいね! 山久さん!」と突き付ける台詞はまさに田島ならではですね。